電力の自由化とは

 

これまで、家庭や小規模店舗向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力・関西電力等)だけが販売し

実質市場を独占している状態でどこの会社から買うか選ぶことが出来ませんでした。

そうした状況から、様々な企業が電力小売事業に参入することが可能になりました。

 

 

 

電力自由化の歴史

 

2000年3月より、大規模な工場やデパート等の大型店舗の自由化が始まり、2004年、2005年と徐々に中規模店舗等に電力自由化の対象が拡大していきました。

2016年4月1日から、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や小規模店含むすべての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

 

ライフスタイルに合わせ、電気の使い方がそれぞれ異なる消費者ごとに様々なサービスを自由に選べるようになった事が電力の自由化です。

 

 

 

 

 

 

 

新たな料金メニュー

 

電力の自由化によって様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、消費者は個々のニーズに合った電力会社のプランが登場しました。

例えば「時間帯によって料金が変わるプラン」や、「電気を多く使う人ほど値段が下がるプラン」等、電力会社によって異なる多種多様なプランが選択できるようになります。

 

 

 

 

 

 

供給体制は同じ

 

電力自由化により電力会社を切り替えても、物理的な電気供給の仕組みは原則変更はありません。

消費者と直接やりとりする小売はそれぞれの新電力会社が担当しますが

送配電に関しては安定供給を担う要の部分ですので、従来通り政府が許可した各地域の電力会社(東京電力・関西電力等)が行います。

 

なので、どの新電力会社から電気を買ってもこれまでと同じ電線を伝って電気供給が行われるため、

電気の品質や信頼性は(停電の可能性など)は変わりません。

 

 

 

バックアップ体制

もし電力の小売を行う新電力会社が契約している消費者が必要とするだけの電力を調達できなかった場合には、

送配電を担当する地域の電力会社(東京電力・関西電力等)がそれを補い、消費者がきちんと電気を使用できる体制を維持します。

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社では複数の新電力会社の取次を行っていますので、様々な業態・店舗様へ向けた電力会社・プランをご紹介可能です。

お客様の現在の電気料金をお調べさせていただき、電気の使い方によって一番料金を削減できる最適なプランをご提案させていただきます。

 

 

 

PAGE TOP