おすすめブログ

売上の法則2 ~安売りしない理由~

blog_yasuuri_eye

こんにちは!兎瑠寅ブログをご覧の皆様。みっくんです。

今日も、お客様の悩みや問題を解決すべく書き記します。

 

先日、『売上の法則』を投稿させて頂きましたが、今日はもう一歩踏み込んだお話をさせて頂こうと思います。

 

【売上の法則~『忙しい』と『儲かっている』は=ではない~】はこちら

↓ ↓ ↓ ↓

http://ultra-web.co/blog_uriage/

 

ブログタイトルにもあるように、安売りしない理由。

価格競争と言われる不毛な世界に自ら足を突っ込んでも、『忙しい』と言うスパイラルに飲み込まれてしまうだけ。これはお伝えさせて頂きました。

 

じゃあどうすれば良いの?

 

はい。それでは始めます。

 

1.顧客の『質』を知る

blog_yasuuri1

売り上げとは、

 

売上=新規客×客単価×リピート

 

こちらで表せます。

では、『質』とは何なのか。

仮に、正規の金額でサービスを受けてくれる顧客を1とし、安い金額でしかサービスを受けたくない顧客を0.5とします。

 

ピンときた方。正解です。

 

法則に当てはめてみると、

売上=1×1×1

正規の金額でサービスを受けてくれる顧客は、自身がマーケティングを行った上で算出した対価を得ることが出来ます。

反対に、安い金額だけでしかサービスを受けたくない顧客は、

売上=0.5×0.5×1

こう表す事が出来ます。

どうでしょうか。

売り上げが『1』得られるものに対して、『0.25』しか得られていません。

仕事はこんな単純な数式ではないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、事実長期的に見ると、大きな差として出てしまっている起業家様は少なくありません。

 

マーケティングやターゲティングを行ったにもかかわらず、目先のお金や集客に焦ってしまうと、後から大きなしっぺ返しを食らいかねません。

 

もちろんこれは、単に顧客が悪いのではありません。自らを誤ったキャンペーンや安売りで忙しいだけのスパイラルに落としてしまっているのです。

 

2.安売り顧客はリピートしない

blog_yasuuri2

単に、価格だけを見て来る顧客は、顧客とすら呼べなくなります。

もちろん、サービスを気に入ってくれて再度訪問してくれるお客様もいるかもしれませんが、ほとんどは、『安いサービス』だけを狙った方なのも事実です。

 

これを続けることによって、サービスの単価を下げ続け、新規客ばかりで忙しく、リピーターは増えず、売り上げも伸びないと言う状況になってしまうのです。

 

クーポンや、割引先行型のサイトに大きなお金を払って顧客獲得に繋げている方からのご相談が非常に多いですが、これこそが自身を苦しめてしまっている原因の一つと言う場合が多く見受けられます。

 

あなたのターゲットはもっと他の所に居るのです。

 

3.まとめ

blog_yasuuri3

サービスの価格を下げてお客様を呼び込んでも生産性は上がらない。

顧客を獲得するために単価を下げる事は、投資しているのとは全く違う意味になります。

 

あなたのサービスに対して対価を払ってくれる顧客が居る事を忘れないでください。

価格破壊は、投資ではありません。単に投資先を変えれば良いのです。

今一度、マーケティングやターゲティングを見直して、最適化を図りましょう。

 

意外と簡単に売り上げが伸びるかもしれません。