ウェブ

予算をドブに捨てないためのリスティング広告

blog_risting_eye

こんにちは!ご飯を食べた後は昼寝。このシステムを会社でも是非取り入れたいと思っているみっくんです。

素晴らしい福利厚生を持った会社を目指します。

 

さて、兎瑠寅ブログとは、お客様のお悩みや、かゆいとこまで手が届くコンテンツの創造を目的としているのですが、本日もつい先日のクライアント様の一言から・・・

 

『リスティング広告って意味ありますか…?』

 

ん~。いい質問ですね。

何とかウェブ集客をよくしたいと言う、心の奥底からのリアルな声を聴かせてもらったのですが、一口にリスティング広告と言っても、業種・業態はもとより、金額面などにより様々なケースがあります。

 

が、

 

これだけは言える、『予算をドブに捨てないためのリスティング広告』のお話をします。

 

リスティング広告とは。は書きません。読者様に怒られそうです。

一歩踏み込んだお話をいたします。

 

1.広告は『ギャンブル』ではない

blog_risting_1

リスティング広告を経験した事がある起業家様は多くいるかと思います。

誰もが予算に応じて投資できる広告システム。リスティング広告。

まずは、はてな(?)を一つ無くしましょう。

 

やめる人と、続ける人は何が違う?

 

確かに二者択一ですね。

どちらか。

やめるか、続けるか。

 

では何が違うのでしょう?

 

簡単ですよ。

『成果が出たか、出なかったか』

こういう事ですよね。

リスティング広告を出し続けている人は、成果が出ているんです!儲かっているんです!

だからリスティング広告を出し続けるのですね。

 

逆に何故やめてしまうのか。

成果が出ずに、儲からずにやめてしまうんですね。

 

簡単ですね。理由は。

問題はここからです。

 

『何故、やめてしまったか』

ではなく

『何故、成果が出るまで(最適化)追及しなかったか』

ここにあるんですね。

 

リスティング広告とは、ギャンブルではありません。結果が出るかどうかを待つものではないのです。多くの人はここで大きな間違いを犯してしまいがちです。

リスティング広告を初めて、結果が出ない場合は、結果が出るまで最適化する。追及していくことがとても大切です。

これを誤ってしまうと、せっかくの予算をドブに捨ててしまったという結果になります。

 

自分自身でギャンブルから、本質のリスティング広告にシフトしていく必要があるんですね。

 

2.リスティング広告最適化

blog_risting_2

誤ったリスティング広告をしなければ、ほとんどの人は結果に大きく近づいたと言えるでしょう。

ここからは、実際に何をすれば良いのかと言うお話です。

 

・ターゲット

・キーワード

・コピーライティング

・ランディングページ

 

4つです。この項目さえクリアできれば、大きく結果に近づけます。

 

ターゲットを明確に把握し、アプローチをかける。

キーワードの選定を、誤ることなく設定する。

キャッチコピーはターゲットの欲望に訴えかけられているか。

ランディングページは欲しているサービスだと認識させることが出来ているのか。

 

実際に、リスティング広告の最適化とは、リスティング広告を始めることによって見えてくる事実であり、その問題を解決していく事にあります。

すなわちそれは、ターゲティングをしたお客様に最短距離でサービスを提供できる、この上ない広告なのです。

 

3.まとめ

blog_risting_3

リスティング広告を始めるにしても、リスクが先行してしまう方が多くいらっしゃるかもしれませんが、理解さえしてしまえば、どんな方でも成果を出すことは可能なのです。

ウェブマーケティングとターゲティングを兼ね備えたこのリスティング広告を生かすも殺すも広告主の投資方法で変わってきます。ただ、これがマッチングした時の成果は、想像をはるかに超えるケースも少なくないのです。

皆様が、少しでもリスティング広告について考えて頂けたら幸いです。

具体的な、リスティングの最適化は後日書かせていただきます。

それでは、またお会いしましょう!